設立、起業の際に、那須塩原の税理士が、新会社法でできた、簡単で早く安くできる合同会社を紹介します。

合同会社とは

合同会社とは 
  • 「合同会社」という名前は、初めて聞くという方が多いようです。
    [check]新会社法でできた会社の形態で、従来からあった [check]有限会社が株式会社に吸収されてなくなった(以前からあるものは、まだ名前、性質が残っていますが)かわりにできた制度と考えられたらと思います。
    そのような感覚で、実務的には良いのではないでしょうか。

;ウィキペディア百科事典−新会社法  

有限会社との違い 
  • 有限会社はもう作れません。こりから同じように簡単に、役員変更登記の煩わしさを避けたい、という方は、もう、この合同会社しかないと思います。 [check]定款公証人による認証 も必要ありませんので、費用期間節約 できます。
株式会社との違い 
  • 株式会社は、 [check]定款認証、役員変更登記、が必要で、厳密に言うと、 [check]決算公告も必要なのです。合同会社はこのような手続きが一切ありません。
推奨される理由 
  • 初期の出発セットではないですが、最初は [check]リ−ズナブル合同会社で会社を興して、その後軌道に乗ったら株式会社に組織変更をするというのが、どちらかというとおすすめではないでしょうか。
    意外に知られていませんが。
  • [check]制度創設の経緯が詳しく知りたい方は下記経産省のURLをご覧ください。
なお、ウィキペディア百貨辞典によれば、次のように増加しているようです。
  • 「制度開始から1年で5000社が設立され、急激に増加している(合資会社は年約1600社、合名会社は年約100社である)。」



ー無断転載を禁じますー
 小島政博税理士事務所


ト−タル:1521 今日:1 昨日:0

powered by Quick Homepage Maker 3.61
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional